>>このブログを書いてる人について

【在宅VS通勤】チャットレディの働き方の違い&それぞれの特徴を徹底解説

川口さん

どうも、スカウトの川口さん(@kwgchi_san)です。

チャットレディって、在宅チャットレディと通勤チャットレディの2種類があります。

で、この記事は、チャットレディやりたいけど通勤と在宅どっちがええんや? って方に向けて、それぞれの特徴を紹介する記事です。

目次

通勤チャットレディと在宅の違い

通勤と在宅の違いは、主に次の4つ。

  1. 勤務場所の違い
  2. 勤務時間の違い
  3. サポート体制の違い
  4. バック率の違い

川口さん

それぞれ解説していくー。

①:勤務場所の違い

通勤チャットレディは、代理店がレンタルしている個室のチャットルームで仕事をします。

仕事をするのに必要な機材が置かれているだけでなく、女の子らしさを出すように可愛らしいソファーやぬいぐるみなどが置かれていることが多いです。

在宅チャットレディは、その名の通り自宅で仕事をします。

②:勤務時間の違い

通勤チャットレディの場合、チャットルームの空き状況を管理するために、事前に出勤できるシフトを自己申告します。

なので、限られた時間内で仕事をすることになります。

対して在宅チャットレディは24時間いつでも仕事が可能です。

自分の生活に合わせて仕事の時間を確保していくことになります。

③:サポート体制の違い

サポートを手厚く受けられるのは、通勤チャットレディです。

近くにスタッフがいるので、トラブルがあった際もすぐに対応してくれます。

川口さん

退勤時に仕事について相談しやすい環境も整ってるよ

対して在宅の場合、どうしてもサポートが受けにくいのが実情です。

リモートで仕事のアドバイスは受けられることもあるけど、トラブル時は自分で対応しなければなりません。

④:バック率の違い

通勤チャットレディと在宅チャットレディでは、報酬のバック率が違います。

  • 通勤チャットレディ
    …獲得報酬の30%〜40%
  • 在宅チャットレディ
    …獲得報酬の50%〜60%

通勤チャットレディのバック率が低いのは、スタッフのサポートが受けられたり、チャットルームをレンタルしてくれたりするからです。

川口さん

人件費や仕事場の提供代と考えると納得だよね

対して在宅チャットレディは、トラブル対応や機材の調整なども仕事内容に含まれるため、バック率が高めになっているのが特徴。

通勤チャットレディのメリット

んじゃ、まずは通勤チャットレディのメリットから順番に解説していきます。

  1. 同居人がいても仕事ができる
  2. メリハリを付けて仕事ができる
  3. すぐに仕事が始められる
  4. スタッフにいつでも相談できる

①:同居人がいても仕事ができる

在宅でチャットレディを始める場合、1人暮らしでないとチャットルームの確保が難しいことがあります。

特に実家暮らしだと親にバレないように仕事をするのはマジで困難。

川口さん

普通に考えて、実家で画面越しにエロいことできんでしょうね

でも、通勤チャットレディなら、その心配はないです。

チャットルームまで通う必要はあるけど、仕事場所に困ることはないです。

②:メリハリを付けて仕事ができる

通勤チャットレディは、あらかじめ勤務時間が決まっています。

もしチャットルームに空きがあれば飛び込みで仕事をすることも可能。

けど、基本的には1週間単位や半月単位でシフトを提出して、その時間に合わせて仕事をすることになります。

MEMO

働く時間が決まっていると、「今日はこれぐらい稼ごう!」といった目標を立てやすく、自然とメリハリを付けて仕事ができるようになります。

③:すぐに仕事が始められる

機材の準備が必要ないから、仕事開始までスピーディーに進むのが通勤チャットレディのメリットの1つです。

アカウントの登録や仕事の説明を受けたら、未経験でも1時間程度の時間があれば仕事スタートできます。

さらに通勤チャットレディの強みでもある手厚いサポート体制のおかげで初日でも稼ぎやすいです。

④:スタッフにいつでも相談できる

出勤時・休憩中・退勤時などの時間でスタッフに仕事の悩みを相談できます。

「今日は思うように稼げなかった」というときでも、どういった点に気をつければ稼げるようになるかをすぐに教えてもられるのが通勤チャットレディのメリットです。

MEMO

仕事についての相談は、なるべくすぐに相談することでチャットレディとしての成長は早くなっていきます。

通勤チャットレディのデメリット

次は通勤チャットレディのデメリット。こちら icon-hand-o-down

  1. チャットルームまで通わなければならない
  2. スタッフに監視されていて気まずい
  3. 自分のペースで仕事ができない
  4. 代理店によっては人間関係が面倒

①:チャットルームまで通わなければならない

通勤という名前がついているだけあって、最寄りのチャットルームまで通い続けなければいけないのがデメリットの1つです。

チャットレディの代理店は基本的に都市部に多く、自宅の場所によってはかなりの時間を通勤に使わなければならない可能性もあります。

川口さん

あまりにも代理店と離れている場合は在宅を検討してみてもいいと思う

②:スタッフに監視されていて気まずい

サポートの質を上げるために、スタッフは接客の様子を常に監視しています。

中には男性スタッフもいるので、アダルトなパフォーマンスをしているところを見られるのに抵抗があると思ってしまう方もいるかもしれません。

川口さん

いるかもしれません(真顔)

どうしても気になって仕事に集中できない場合は、女性スタッフに担当してもらいたいと希望を伝えてみると良いと思います。

③:自分のペースで仕事ができない

勤務時間の違いでも言ったけど、通勤チャットレディはシフト制です。

チャットルームの空き状況によっては、

  • もう少し時間を伸ばしたい
  • 予定が終わったから早めに仕事を始めたい

・・・などの希望が通らないことも。

また、決められた時間内で働くので、マイペースに仕事は基本できないと思っていてください。

④:代理店によっては人間関係が面倒

チャットレディの代理店の規模はピンキリです。

100名以上が在籍している大型代理店から、10名程度が在籍する小規模代理店まであります。

特に小規模の代理店はスタッフの人数も少なく、アットホームな雰囲気で営業しているところも多いです。

一見メリットに感じるかもだけど、女の子同士も仲が良いから、コミュニケーションが苦手な性格だと人間関係が面倒に感じてしまうこともあるかも。

川口さん

人見知りしない人なら普通にデメリットにならんけど

在宅チャットレディのメリット

続いてチャットレディ在宅チャットレディのメリット。どうぞ icon-hand-o-down

  1. 自分のペースで仕事ができる
  2. 通勤時間がない
  3. 報酬のバック率が高い
  4. 人間関係に悩まされない

①:自分のペースで仕事ができる

自宅での仕事になるので、基本的にいつ働いてもOKです。

  • 今日はログインしているお客さんが多いからガッツリ稼ぐ!
  • 体調が悪いから今日はお休みにしようかな…

などなど、自分の都合に合わせて仕事ができます。

川口さん

ただ、前もって大体のスケジュールを決めておかないとサボってしまいがちなので、自己管理がマジ大切。

②:通勤時間がない

例えば、片道1時間の通勤チャットレディと比べて、在宅チャットレディは2時間仕事をする時間が増えます。

週5日間勤務するとしたら、1週間にすると10時間使える時間の差ができますよね。

川口さん

クソでかいよね。

また、通勤時間はもちろんだけど満員電車に乗ることもありません。

ストレスフリーな働き方ができるのは在宅チャットレディならではのメリット。

③:報酬のバック率が高い

自宅内にチャットができるスペースを確保したりと自分で仕事の準備をしなければならんけど、その分報酬のバック率が高いのが在宅チャットレディの特権。

通勤チャットレディに比べて20%ほどバック率が高いから、頑張り次第で家にいながらかなりの高収入が見込めます。

④:人間関係に悩まされない

通勤していると、どうしてもスタッフや他のチャットレディと関わる必要があります。

女の子同士の馴れ合いなどが煩わしいと感じる方は多いと思いませんか?

川口さん

思いますよね。

仕事をする上であまり人と関わりたくないという方にとって、在宅チャットレディはベストな仕事環境と言えます。

在宅チャットレディのデメリット

んじゃ、最後は在宅チャットレディのデメリット。

  1. だらけてしまいがち
  2. 同居人がいると仕事がしにくい
  3. 仕事環境の準備やトラブル対応を自分でしなければならない
  4. 接客経験がないと稼ぐのが難しい

①:だらけてしまいがち

自由な環境につきものなのが、ついだらけてしまうことです。

今日こそ頑張るという気持ちがあっても、絶対に仕事をする気にならない日が出てきてしまうのが在宅チャットレディのデメリット。(絶対)

注意

何より在宅は監視の目がないから、仕事をしようがサボってしまおうが自由なのである。

明確なスケジュールを決めておかないと、バック率は高いのに通勤チャットレディより稼げない場合もあるので要注意。

②:同居人がいると仕事がしにくい

これはさっきも言ったけど、自宅で仕事をするから同居人がいると働きづらいというデメリットがあります。

仕事に必要な道具はもちろん、接客中の姿を見られてしまったら気まずいですよね。

川口さん

特にアダルトな接客ともなると、同居人に見られるのは地獄だと思う

③:仕事環境の準備やトラブル対応を自分でしなければならない

在宅では、悪質なお客さんの対応や通信環境の不具合・照明の調整など全て自分で行う必要があります。

仮に代理店に所属していても、すぐにスタッフは駆けつけられないからです。

リモートである程度助言はしてくれるけど、実際行動に移すのは自分です。

何かあっても自分で解決できるよう、ある程度の予備知識が必要。

④:接客経験がないと稼ぐのが難しい

チャットレディは、「ネットキャバクラ」とも言われることがあります。

画面越しとはいえ、接客業の1つです。

となると、接客経験がなければ男性とどのように関わっていいかわからない方も多いと思います。

いきなりネット上で男性に接しなければならないので、ある程度の経験がないと最初は稼ぎづらいのがデメリットです。

川口さん

不安な方は、通勤でチャットレディの仕事のノウハウを知ってから在宅に切り替えるというのもアリ

通勤チャットレディがオススメな人の特徴

通勤チャットレディがおすすめの人の特徴は次の4つ。

  1. 自己管理が苦手
  2. 接客業の経験が浅い
  3. 家族や彼氏と暮らしている
  4. わからないことがあると不安になる

①:自己管理が苦手

「時間が決められていないとグダグダしてしまう」「家だと休憩時間が長くなりがち」という方は、通勤チャットレディがピッタリ。

チャットレディのような出来高制の仕事は、何より自己管理することが稼ぐための必須条件と言っても過言ではありません。

仕事をしなければ報酬を得られないので、通勤チャットレディでメリハリを付けながら仕事をするのがオススメです。

②接客業の経験が浅い

接客業の経験が浅くて、お客さんと上手に会話が続けられる自信がない方は、まずは通勤チャットレディで仕事のノウハウを1から学ぶこと。

MEMO

知識・経験0からでも、スタッフが丁寧に指導してくれるので稼ぐチャンスは十分にあります。

まずどのように接客したらいいのかわからない方は、いきなり在宅で仕事を始めるのはオススメできないです。

③家族や彼氏と暮らしている

同居人がいると、在宅でチャットレディをしたとしても仕事の時間が確保しにくくなります。

ノンアダルトだったとしても、チャットレディの仕事をしていると言うとあまりいいイメージは持たれないはずです。

注意

男性相手に接客をしているわけですから、特に彼氏はいい思いをしないかと思います。

「今日は家で1人だから大丈夫」というときでも、いつ同居人が帰ってくるかは予想できない場合もあります。

川口さん

1人暮らしでない場合は、通勤チャットレディを選ぶのが無難。

④わからないことがあると不安になる

チャットレディを始めたての頃は、わからないことばかりです。

特定のお客さんとだけ接客するわけではないので、お客さんの数だけ接客方法が存在します。

そんなとき、「この人にはどう対応すればいいのかな?」と考え込んでしまって思うように接客できない方も多いです。

こうしたことが続くと、チャットレディの仕事が嫌になってしまうこともあります。

慎重派の方や繊細な方は、通勤チャットレディでスタッフの力を借りながら仕事をするのがオススメです。

在宅チャットレディがオススメな人の特徴

次は、在宅チャットレディがおすすめの人の特徴。次の4つ icon-hand-o-down

  1. 自己管理ができる
  2. 仕事に自由さを求めている
  3. 1人暮らししている
  4. 常に向上心を持っている

①:自己管理ができる

「この時間は集中して仕事する!」と、タイムスケジュールを管理できる人にオススメです。

MEMO

言い換えれば、自分の目標や計画に対してストイックな方が在宅チャットレディに向いています。

在宅チャットレディのデメリットでも挙げたけど、ついだらけてしまうのがデメリットでもあります。

あらかじめ設定した予定に沿って仕事ができれば、在宅でも高収入を得ることは難しくないです。

②:仕事に自由さを求めている

仕事をするなら、時間や場所に縛られずに自由に働きたいと考える方もいると思います。

そんな方は、マジで在宅チャットレディがオススメです。

また、体調を崩したときも在宅チャットレディなら誰にも迷惑をかけることはありません。

川口さん

理由があって外で働けない方でも安心だよね。

孤独な環境にはなるけど、その方が気が楽と考えるなら精神衛生的にも良い仕事と言えます。

③:1人暮らししている

1人暮らしをしているなら、周りの目を気にせずに仕事に集中できます。

気をつけることと言えば、深夜の騒音ぐらい。

MEMO

実際にチャットスペースには防音対策をしているチャットレディも多いです。

仕事道具やチャットスペースも堂々と確保できるし、在宅チャットレディをするなら最高の環境です。

④:常に向上心を持っている

接客が終わったらその都度反省点や良かった点を振り返れる、向上心が高い方は在宅チャットレディに向いています。

なぜなら、スタッフの細かいサポートが入らない分、自分で稼ぐコツを模索していく必要があるから。

川口さん

お客さんとの会話内容や特徴をメモしていくのもいいよね。

コツコツと努力ができる方は、在宅チャットレディでも活躍できます。

まとめ

ウチは風俗求人ブログなので、基本は風俗嬢さん向けに書いてます。

なので、その流れでまとめると・・・

 

  • 初心者は取り敢えず通勤にしとけ。マジ安心
  • 風俗と掛け持ちするなら在宅がオススメ

 

って感じ。

実際、メインは風俗で稼いで、生理中だけ在宅チャットレディで稼ぐ子も多いです。

メインでチャットレディをやるも良し、副業としてやるも良し。

それぞれ人によって働き方は変わるから、自分に合ったスタイルを選べば良い思う。

川口さん

そんな感じです。以上!